『空色の色無地』


一人ひっそりと暮らす女のもとに、

 ある日一通の結婚招待状が届いた。

 女と姉妹同様に育った 

従妹の娘からだった。  


家庭も仕事も持たない女は、

 結婚式や披露宴と言った 

華やかな祝いの場とは縁が薄く、 

出席をためらった。

 しかし、夫と離別し 

女手ひとつで娘を育てた従妹や 

姪のように可愛がった従妹の娘を

 祝福したい気持ちは十分にあった。


 女は迷った末に出席の返事を出した。

 日が近づくにつれて

 女は出席の返事を出したことを後悔した。

 祝い金の工面、

 華やかな祝いの場にふさわしい衣服が、

 女の頭に浮かんだ。 


 何一つ手につかないまま、

 日にちだけが過ぎた。

 結婚式が近づいたある日、

 女は亡くなった母の 

空色の色無地のことを思い出した。

 女の入学式や卒業式の折に 

母がいつも着ていた着物だった。


 思い立って 

箪笥の奥にしまわれていた

 空色の色無地を出した。

 襟や裾に少し汚れがあったが、

 着ることは出来そうだった。


 空色の色無地を羽織ると、

 女の心の奥で、 

従妹の娘の門出を祝う気持ちと

 全く別の気持ちが動き出した。


 女が思いを寄せながら、 

思いを告げることが出来ずにいる

 男の姿が浮かんだ。


 その日から、

 女はテキパキと式参列の準備を始めた。

 和装向きの髪結や着付けが上手いと

 評判の美容師に髪や着付けを頼んだ。

 祝い金も工面した。


 結婚式の朝、

 いつもは無造作に束ねている長い髪を

 和装向きのアップスタイルに 

結い上げてもらい、

 母の空色の色無地を着付けてもらった。


 着付けが終わると、

 女はいつもはつけない 

華やかな紅色の口紅をつけた。

 地味で目立たない女は、

 別人のように艶やかになった。 


母の色無地を羽織った時以来、

 女の頭から従妹の娘のことは 

申し訳ないほど抜け落ちていた。


 従妹の娘の結婚式は心のこもった、

 とてもよい式だった。

 だが女の心は男のことでいっぱいだった。


 結婚式が終わると、

 女はタクシーをひらって、

 男の家の場所を告げた。

 女は、思った。 


「その時が来たのだ」 

 

タクシーを降りると、

 着物の裾を気にしながらも、

 早足で男の家に向かった。

 男に母の色無地を着た自分を

 見て欲しいと思った。

 そして、男に告げようと思った。


 「ずっと好きでした」と・・・




        <完>


鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000