彼の香り~恋の風景その1~


会議が終わって外に出ると、

もうとっくに日は暮れていた。 

身体がコチコチになり、

頭ばかりが疲れていた。 


いつものことだが、

会議の後の割り切れない苛立ちに、

心がギスギス音をたてているように感じた。

 それでも外に出て一人になると、

流石にほっとした。 


一刻も早く家に帰りたかった。

 今日は夫の方が

私より先に帰っているだろう。

大通りを曲がると、

 家の窓に灯りが点いているのが見えた。


 黙って家に入ると、 

夫はリビングのいつもの場所に座って、

新聞を読んでいた。


 夫だって職場で苛立つこともあるだろう、

 私以上に割り切れなさを

感じることもあるだろう。 

でも、夫の横顔には、

そんな苛立ちの影は見えない。 


肩のあたりから

中年の余裕のようなものが

溢れ出ているように感じた。


 結婚して三年子どもがいないせいか、

八歳年上の夫といると、

 私は自分が幼い子どもになったように

感じることが多かった。


 黙って夫の側に座った。 

 「お帰り、どうした…」


 私は、黙ったまま夫に寄り掛かった。 

コロンと煙草の匂いと一緒に

彼の匂いがした。


 彼の香りに包まれると

不思議に心が静まった。


 話しを聞いて欲しくて、 

あれほど帰りを急いだことが

嘘のように静かな気持ちになった。 


 「どうした?」

 夫は、もう一度同じことを聞いた。 


 「このコロンいい香りね、私好きだわ。」


 夫は少し笑って私の肩を抱いた。

 私は大きく息を吸い込み、

彼の香を胸に満たした。 

 会議の苛立ちは、

すっかり心から消えていた。  







           <完>

鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000