マニキュア~恋の風景その2~


凍りつくような寒さが緩み、

 陽射しに春が

感じられるようになったある日、

 私は淡い春色のマニュキュアを買った。


 日頃からオシャレに無頓着な私は、 

ネイルサロンに行ったこともなく、

セルフネイルもしたことがなかった。


 私はマニュキュアを買って、

セルフネイルにチャレンジして、

 ネイルケアが

本当に根気のいる作業であることを

 初めて知った。  


きれいにマニュキュアを塗るためには、

まず下準備が必要だった。 

エタノールを含ませたコットンで、

手と爪の消毒するのだが、

 爪は表面だけでなく爪の裏も消毒し、

 清潔な状態にしなければならない。


 ヤスリを使って爪の長さと形を整える。

 風呂上がりで

甘皮が柔らかくなっている時を利用し、

 事前に甘皮のケアも

して置かなければならない。 


下準備が出来るとベースコートと言う

爪の保護液をつけ、

 ネイルカラーつまりマニュキュアを

二度塗りする。 

そしてトップコートという

艶出しの液を塗るのだ。


 液が固まるまで、

物に触れないようにじっと静かに待つ。


 真面目にこの工程を実行すると

2時間近くはかかってしまう。 


日々の忙しさに紛れて、

私はネイルケアは愚か、

 手をじっくり眺めることさえなかった。


 改めてじっくり眺めると、

自分の手は意外に細く綺麗だった。

 セリフネイルではあるが、

ケアした手は、 

いつもと違う表情があるような気がした。


 かつてマニュキュアは、

 裕福な階級の女性であることの

証明だったと言う。 

自分の身仕舞いを自分でする必要がなく、

 人にかしずかれて生活していることの

証明であったという。


 マニュキュアは美しいが、

傷がつきやすく、

 どんなに気をつけていても一日経つと、

傷がつき、 

その美しさが損なわれてしまう。


 確かに毎日、

マニュキュアを美しく保つことは、 

生活に追われている女では出来ない。


 しかし、日々の忙しさを一時忘れて、

私はマニキュアをつけた。

 自分の手が別の生き物のように、

 美しい表情を持つことが喜びに感じた。

 満ちたりた幸せな時間だった。 


自分の手で生活する普通の女が、

マニキュアをつけるのは、 

恋をしている証明かも知れないと思った。


 セルフネイルで、

別の生き物のように、

 イキイキした美しい表情を

持つようになった私の手は、 

どんな言葉より雄弁に

私の恋を語っているような気がした。


       <完>

鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000