本心を語れない口、真実を語る表情

先日、久しぶりに幼馴染と会った。

彼女も一時は私と同じように、

鬱に苦しんだことがある。


久しぶりに会った彼女は、

明るい色のスッキリしたスーツを着て、

綺麗にお化粧をしていた。


鬱はすっかり良くなったこと、

以前フルタイムで勤めていた職場に 

パートタイムで勤め始めたこと、

趣味の絵手紙が楽しいこと、 

絵手紙教室の友だちと

日帰り旅行に行ったこと等々を 

楽しそうに話した。


私はふんふんと聞きながら、

彼女の頬がこわばっていることが、

気になり始めた。


そう思うと 彼女の眉が、

釣り上がり気味なのも 気にかかる。

笑顔も心なしかこわばって見える。


彼女はこわばった笑顔で、

「だから大丈夫やねん」

「そやしもう大丈夫」 

「もう大丈夫やねん私」と

「大丈夫」を繰り返した。 


 彼女が紅茶に口をつけた時、

「うん、もう大丈夫なのはわかったし、

大丈夫でなくなったら、 

いつでも言うてな」 と私が言うと、

彼女の頬が震え出した。

眉もピクピクし始めた。

みるみる目に涙が溢れた。


彼女は涙を流しながら、

鬱はスッキリ治ったわけでなく、

パートでも仕事に行くのが辛いこと、  

息子と娘の学費が高くついて、

夫の給料だけでは家計が厳しいこと、  

絵手紙は楽しいけれど、 

「仕事は出来なくても、

 絵手紙教室には行けるのね」と言って、

 家族が理解してくれないこと、

 絵手紙教室友だちとの関係が、 

案外と難しいこと等を話してくれた。 


話し終わると、 

「大丈夫」を繰り返していた時とは、

全然違う柔らかい表情になっていた。


「久夢ちゃんに話したら、 

なんかスッキリしたわありがとうな」

と言ってはにかんだように笑った。

その笑顔は一緒にごっこ遊びをした頃の

彼女の笑顔だった。


口は案外と本心を語れず、

むしろ表情の方が 真実を語るのだなと、

昔の面影濃い彼女の笑顔を見ながら、

私は思った。


鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000