「知らんがな~」と流してしまおう


私は人にどう思われているかを

すごく気にしてしまう方だ。 


「嫌われたくない」

「悪く思われたくない」 

そんな思いがいつも心にあって、 

しんどい思いをすることが多い。


でも人の気持はどうしようもないと思う。 

どんなに頑張っても

嫌われることもあるし、

全然意識していないのに

好かれることもある。


ある人は私の一番良いところ見て、

「優等生ぶっている」と言って嫌うし、

ある人は私の一番悪いところ見て、

「人間味がある」と言って気に入ってくれる。 


「はぁ~あ、知らんがな~」

と言いたくもなる。

でも、ホンマに「知らんがな~」なのだ。

人の気持や好みはわからん。


だったら自分の気持ちを大切にしよう。

100%好かれることもない代わりに、

100%嫌われることもないやろ。


自分さえ自分を好きやったら

それでええやん。


後は「知らんがな~」と流してしまおう。


鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000