晩秋の近江路訪ね出会いしは明治の名残洋館映える

近江路八幡市にあるヴォーリズ設計の白雲館を訪れた時の句です。

私は、明治から昭和初期の洋風建造物の雰囲気がとても好きです。

近江八幡で撮った写真を見ながら、水彩画を描いて、

短歌を作りました。                久夢


鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000