人々が集う昭和の公会堂荒波くぐりて幾度目の秋

神戸市立御影公会堂の絵と歌です。

私は、御影公会堂に実際に行ったことはなく、

カレンダーの写真を見て、色鉛筆画を描きました。

この公会堂は、昭和8年に開館されたようで、

第二次大戦の戦災をのがれました。

老朽化で耐震強度が心配されていましたが、

阪神淡路大震災の折、周辺の建物の多くが全半倒壊したなか、

御影公会堂は、ほとんど被害がなかったそうです。

                      久夢

鬱・夫の死を克服した作家:村川久夢の部屋

こんにちは、村川久夢です。 鬱や夫の死のために人生を投げていた私が、やっと取り戻した夢は、自分の思いを書くことでした。自分の思いを書くことで長年苦しんできた「生きづらさ」の正体も見えてきました。生きづらさ、鬱、大切な人の死に苦しむ人と私の経験をシェアしたいと思っています。ここにはそんな私の作品を投稿しています。 <著作> 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

0コメント

  • 1000 / 1000